石種の名称
M-10
石種の特徴
インド南部、テランガーナ州で採掘される。黒をベースに目細な白が入っているのが特徴。石質は硬く、研磨による艶のりが良い御影石。日本では墓石材に多く使われている石で、大材も採れ、欧州をはじめ海外では建材としても広く用いられている。
見掛け比重 3.090 (t/m3)
吸水率 0.00 (%)
低 ● ・・・・ 高
石種の名称
SG-2
石種の特徴
インド、アーンドラ・プラデーシュ州で採掘される。硬質な黒御影。石質は硬く、研磨による艶のりが良い。鏡面的な光沢がみられるのが特徴。重厚な雰囲気を持ち、和型・洋型ともに、高級墓石材として人気のある石のひとつ。
見掛け比重 3.150 (t/m3)
吸水率 0.00 (%)
低 ● ・・・・ 高
石種の名称
アーバングレー
石種の特徴
インド、カルナータカ州で採掘される。安定した採掘量を誇り、比較的大材も採れるインドを代表する御影石のひとつ。透明感のある中目でうっすらグリーンをまとったグレー系の石。粘り強く硬質な石で経年変化も少ないため、主に墓石材としての用途が多い。和型や洋型、オリジナル墓など幅広い形態の墓石に用いられている。
見掛け比重 2.620 (t/m3)
吸水率 0.050 (%)
低 ・ ● ・・・ 高
石種の名称
インドマホガニー
石種の特徴
マホガニーとはセンダン科の樹木のことで、日本語では桃花心木という。桃花心木は赤黒い色(茶褐色)系の色をしている。そのような色をマホガニー(色)ということから名づけられた。
見掛け比重 2.660 (t/m3)
吸水率 0.10 (%)
低 ・・ ● ・・ 高
石種の名称
カシミールホワイト
石種の特徴
インド、タミルナードゥ州で採掘される。
白ベースの中に黒色と赤紫色の斑点があるのが特徴。
インド産の御影石の中では吸水率が高めである。
見掛け比重 2.630 (t/m3)
吸水率 0.130 (%)
低 ・・・ ● ・ 高
石種の名称
クンナム
石種の特徴
南インド、タミルナードゥ州クンナム村で採掘される。世界で最も硬い黒御影石といわれ、採掘場により若干の差はあるがインドを代表する最高級石材。主に墓石材の高級黒御影石として人気があり、黒く光沢のある墓石は存在感のある尊厳な印象を与えてくれる。
見掛け比重 3.037 (t/m3)
吸水率 0.011 (%)
低 ・ ● ・・・ 高
石種の名称
タンブラウン
石種の特徴
インド、テランガーナ州で採掘される。基本的には濃い褐色を持ち、黒を基調に赤や茶色の柄と白い目合いが混ざり合った独特の色調を持つ御影石。表面加工の種類で色の雰囲気がかわることから、墓石としてはオリジナルのデザイン墓に用いられることが多い。和型や洋型の墓石材としても高級感が有り、近年、人気を集めている。
見掛け比重 2.690 (t/m3)
吸水率 0.030 (%)
低 ・ ● ・・・ 高
石種の名称
ディープグリーン
石種の特徴
インド、アーンドラ・プラデーシュ州で採掘される。黒をベースに目細なグリーンが入る、黒色に近い濃いグレー系の御影石。日本では墓石材に多く使用される石で、石質は硬く研磨による艶のりの良い石。
石種の名称
ニューインペリアルレッド
石種の特徴
インド南西部、カルナータカ州で採掘される。赤の色調に黒の雲母模様が混ざり合った赤御影石を代表する石のひとつ。採掘される場所や時期によって色調に違いがあるため、色合わせには注意が必要。大材が採れることから大型建築物、記念碑などに使用される他、墓石材としてのニーズも高い。
見掛け比重 2.969 (t/m3)
吸水率 0.080 (%)
低 ・・ ● ・・ 高
石種の名称
ハッサングリーン
石種の特徴
インド南西部、カルナータカ州で採掘される。重厚感があり、落ち着いた雰囲気を感じさせる硬質なグリーン系の御影石。研磨による艶のりが良いのが特徴。時期や採掘場により異なる目合い・色合いを見せる。石質が比較的安定しており、安定供給できるのも大きな魅力。
見掛け比重 3.030 (t/m3)
吸水率 0.060 (%)
低 ・・ ● ・・ 高
石種の名称
バハマブルー
石種の特徴
インド、アーンドラ・プラデーシュ州で採掘される。大自然が生み出す色調がマーブル模様と言われており、その模様のひとつひとつに違いがある御影石。青や紫が混在する色調に白などが溶け合い、柔らかな波目を描く独特の色合いを持つ。特徴のある石目が好まれており、墓石としては洋型墓石やデザイン墓などに用いられる人気の石。
見掛け比重 2.830 (t/m3)
吸水率 0.020 (%)
低 ・ ● ・・・ 高
石種の名称
インドベルガム
石種の特徴
インド、カルナータカ州で採掘される。黒色の色調に独特な白の模様が入るグレー系の石で、比較的硬く研磨による艶のりが良い御影石。長材が採れ、墓石材としての用途が多い。雨期になれば採掘場が水没するため数ヶ月間採掘が止まってしまうこともある。
見掛け比重 2.930 (t/m3)
吸水率 0.010 (%)
低 ・ ● ・・・ 高
石種の名称
マルチカラーレッド
石種の特徴
インド、タミルナードゥ州で採掘される。赤い色調に黒の流れるような柄がマーブル模様に入る、独特な色調の御影石。特徴ある模様が注目を集め、主に洋型墓石・デザイン墓に用いられている。インド産の御影石の中では比較的吸水率が高い。
見掛け比重 2.610 (t/m3)
吸水率 0.290 (%)
低 ・・・ ● ・ 高
石種の名称
R-6
石種の特徴
インド、アーンドラ・プラデーシュ州で採掘される。黒をベースに目細な白が入る、黒色に近い濃いグレー系。石質は硬く、研磨による艶のりの良い御影石。
石種の名称
Y-1
石種の特徴
インド、アーンドラ・プラデーシュ州で採掘される。艶のある表面の黒の上に牡丹のようなグリーンの石目が特徴の御影石です。艶持ちもよく劣化も少ない見た目と、高い硬度を誇る品質から幅広く人気がある。
見掛け比重 3.070 (t/m3)
吸水率 0.020 (%)
低 ・ ● ・・・ 高
石種の名称
YKD
石種の特徴
インド、タミルナードゥ州で採掘される。黒系の石が種類が多くある中で、主流となっている黒御影石。研磨による艶のりも良く、和型墓石から洋型墓石、デザイン墓、記念碑など幅広く用いられている。
見掛け比重 3.016 (t/m3)
吸水率 0.028 (%)
低 ・ ● ・・・ 高
石種の名称
ZMF
石種の特徴
インド南西部、カルナータカ州で採掘される。はっきりした石目のグレー系御影石。透明感があり、上品で落ち着いた雰囲気を持つ。
見掛け比重 2.620 (t/m3)
吸水率 0.060 (%)
低 ・・ ● ・・ 高
石種の名称
インド銀河
石種の特徴
インド、アーンドラ・プラデーシュ州で採掘される。インドを代表する青系の細目の御影石。天空の銀河を想像させる石で人気が高い。石質は硬く吸水率も低いため、特に和型墓石として好まれている。
見掛け比重 2.631 (t/m3)
吸水率 0.066 (%)
低 ・・ ● ・・ 高
石種の名称
インド天山
石種の特徴
インド南西部、カルナータカ州で採掘される。佐賀県で採れる天山石と似た名前だが、石目と色調は大きく異なる。石目が近い石としては同じインド産のアーバングレーが挙げられる。価格は若干安価。
石種の名称
サファイアブラウン
石種の特徴
インド、アーンドラ・プラデーシュ州で採掘される。風化に強く耐久性に優れているため、屋外はもちろん玄関やキッチンカウンターなどの内装にも使用されることが多い。美しい粒状の結晶が高級感を与えてくれる。インド産の御影石の中では吸水率が高い。
見掛け比重 2.690 (t/m3)
吸水率 0.160 (%)
低 ・・・ ● ・ 高
石種の名称
シルバーグレー
石種の特徴
インド南西部、カルナータカ州で採掘される。グレー系の御影石。研磨することにより、透き通った光沢が見られるのが特徴。採掘量は限られており、希少な石のひとつとされている。
見掛け比重 2.660 (t/m3)
吸水率 0.020 (%)
低 ・ ● ・・・ 高
石種の名称
シルバースター
石種の特徴

0120-594-940

通話無料 平日 9:00~18:00
無料 資料請求
365日24時間受付中
LINEで相談

簡単!
LINEでお問い合わせ

友達追加するだけで、
LINEから簡単に
ご相談いただけます。

LINEで友達登録