利用者の皆様から寄せられる疑問点を
まとめました。

ご不明な点があればお気軽に
コトナラまでお問い合わせください!
お墓・墓石 墓地・霊園 お墓じまい 戒名彫り お墓参り代行 コトナラ
お墓・墓石についてQ&A
Q1.石は何種類あるの?
現在、墓石材として用いられる石種は300を超えると言われており、
その中で良く使われる石材は20~30種類あります。
それぞれ色味や目合いが異なるため、用いる石種次第でお墓の印象が大きく変わります。
お墓が建つ場所の環境や好みにあった石を選びましょう。
Q2.お墓にはどんな形があるの?
一般的には和型・洋型・デザイン型に分類されます。
他にも和型と洋型の間くらいの形状をしたお墓を和洋型と呼ぶ場合もあります。
どのタイプが優れているということはありません。好みの形状を選びましょう。
また、故人が生前好きだったものをモチーフにしたデザイン型のお墓や、
和型・洋型のお墓にワンポイントあしらったお墓も近年人気を集めています。
ただし墓地・霊園によって規格が定められている場合もあるため、事前に確認が必要です。
Q3.和型墓石について詳しく知りたい
和型墓石とは昔ながらの和風のお墓のことで、仏石が縦に長い形をしているのが特徴です。
一般的にイラスト等で表現されるお墓は和型墓石であることが多く、もっとも人々に親しまれています。
Q4.洋型墓石について詳しく知りたい
洋型墓石とは、近代、選ばれることが増えてきている墓石の形で、
和型と違い横に長い長方形の形をした仏石が特徴です。
地震大国である日本において、重心が低くなる洋型墓石の仏石は揺れに強いイメージから近年支持を集めています。
特に大型地震の後から現在にかけて急速に普及してきました。
Q5.デザイン墓石について詳しく知りたい
和型墓石や洋型墓石とは異なり、デザイン墓石は仏石に一目でわかる特徴がありません。
無個性かというとその逆で、自由な発想で好きにデザインされたお墓です。
もっとも個性が出て、そのひとをあらわしたお墓がデザイン墓石です。
仏石などに故人が生前親しんでいたものを表現することができます。
Q6.まだ遺骨はないけれどお墓を建てたい
ご遺骨がない状態、つまり生前のうちにお墓を建てることを寿陵(生前墓)といいます。
仏教の教えにおいて寿陵は逆修としてとても縁起の良いこととされ、近年選ばれる方が増えています。
自分が入るお墓を生前にゆっくり決めることができる点も選ばれている理由の一つで、自分好みのお墓を建てることができます。
また、残された遺族を慌てさせる心配がないこともメリットです。
ただし、市営墓地など応募者数の多い墓地・霊園では、ご遺骨があることを応募条件としているところもあるため、事前に確認が必要です。
Q7.私有地や自宅の庭にお墓を建てたい
もともとお墓が建っていない個人所有の土地にお墓を建て、納骨や埋葬を行うことはできません。
これは「墓地、埋葬等に関する法律」で定められており、個人が申請をしても許可が下りることはほとんどないと言えるでしょう。
ただし、記念碑などのモニュメントを建てることは可能です。
Q8.名字が違うけど同じお墓に入れる?
問題ない墓地・霊園がほとんどですが、中には条件で定めているところもあります。
詳しくはお墓を建てる墓地・霊園の決まりをご確認ください。
近年では別姓で同じお墓に入るケースが増え、仏石の彫刻も従来の「○○家之墓」に限らず多様化しています。
Q9.お墓はいつ建てるべき?
決まりがあるわけではありません。
傾向として、仏教であれば四十九日や年忌、それ以外では命日に建てることが多いようです。
親族間でよく話し合い、もっとも良いと思われた日にすることをおすすめします。
希望の納骨予定日がある場合には、期間に余裕をもって依頼しましょう。
Q10.開眼供養は大安がいいって本当?
開眼供養はおめでたい席です。
そのため、日取りを決める際に大安を選ぶ方もいます。
しかし、本来、仏教と六曜に関係はありません。
仏教的観点で縁起が良いわけではありませんが、大事なのは気持ちです。
参加者の気持ちや都合を踏まえて日時決定をしましょう。
Q11.どうしてお墓は石なの?
お墓は永代に渡り、先祖から子孫へ受け継いでいくものです。
長年に渡って一族を見守り続けるお墓に、石の持つ耐久性が適していることがお墓を石でつくる理由のひとつです。
また、お墓の起源は日本神話(古事記)に出てくる「地引岩」ともいわれています。
この千引岩が石ということから、お墓が石でつくられるようになったという説もあるようです。
もともと日本人は古来より「石や岩には精霊が宿る」と考えられてきました。
そのような背景から石は聖なるものという考えが深く浸透し、お墓が石でつくられるようになったのかもしれません。
Q12.建立者は誰の名前を彫るべき?
特に決まりはありません。
承継者や出資した方、子供など、建立者として彫られる名前はさまざまです。
一部墓地・霊園ではお墓の管理者の名前を彫るよう定められている場合もあります。
墓地・霊園についてQ&A
Q13.墓地の種類を教えてください
墓地は大きく分けて、公営霊園・民営霊園・寺院墓地に分類されます。
それぞれの違いは管理母体です。
公営霊園は自治体、民営霊園は財団法人や宗教法人などの団体、寺院墓地はお寺が運営管理を行います。
他に、みなし墓地と呼ばれる集落墓地、共同墓地、個人墓地があり、これらは墓地埋葬法施行以前から知事の許可をうけて経営されていた墓地のことを指します。
Q14.寺院墓地は仏教限定ですか?
多くの場合、寺院墓地には該当する宗派の方で門徒になっている方が使用します。
ただし近年では宗教不問の寺院も増えつつあり、以前の宗派は問わない寺院もあるようです。
寺院墓地にどの宗教の方がお墓を建てられるかは寺院によって異なるため、希望されている寺院がある場合には確認してみることをおすすめします。
Q15.宗教不問の場合、無宗教でもいいですか?
宗教不問にはいくつか種類があります。
  1. これまでもこれからも宗教を問わないこと
  2. これまでの宗教は問わず、これからは法要が営まれる宗派に属すること
  3. 仏教の中の、どの流派でも問わないということ
希望されている墓地・霊園がどの定義で宗教不問としているのか、確認することをおすすめします。
Q16.公営霊園にお墓を建てたい
公営霊園は自治体が管理しており、費用が安く済む場合多いです。
管理についても安心できるため、人気が高い傾向にあります。
先着だったり抽選だったり、自治体によって募集時期・方法が異なるため、希望する霊園がある場合は該当する自治体に確認しましょう。
Q17.墓地 を知人に譲りたい
私たちはお墓を建てる際、墓地を使用する権利を購入します。
墓地の所有権を得るのではなく、墓地の使用権を得るという考え方です。
そのため、墓地の使用権を次代へ継承することは可能ですが、墓地そのものを他人に譲ることはできません。
Q18.どの向きでお墓を建てるべき?
仏教には四方浄土という考えがあり、お墓を建てる向きに決まりはありません。
霊園によっては方向が決められている場合もあるため、事前に確認しましょう。
ただし、吉相墓を建てる場合には決められた方角を守る必要があります。
吉相墓とは家庭繁盛や陽明な観点から建てられたお墓のことです。
吉相墓はお墓の向きを重要としており、お墓の正面を東向き、南東向き、南向きのどれかにすることで吉相をもたらすと考えられています。
Q19.区画内ならどんなお墓でも自由に建てられる?
墓地・霊園によっては建てられるお墓が決まっている場合があります。
規格墓と呼ばれるもので、霊園の景観を保つためなど理由はさまざまですが、ガーデニング霊園や芝生墓地などでよく見られます。
好みの形やデザイン、石種を選びたい場合には、墓地・霊園と契約する前に確認しましょう。
Q20.寺院墓地の特徴を教えてください
寺院墓地は基本的に、そのお寺の檀家が条件となっている場合がほとんどです。
そのため宗派が決まっていることが多く、宗教不問でも、今後はその寺院の宗派に属するというケースが多いようです。
地域密着型で、お墓のお掃除や供養が手厚い寺院が多く、供養に関して困ったことがあればすぐに相談できるというメリットがあります。
お墓じまいのQ&A
Q21.お寺や霊園にお墓じまいにすることを伝えるべき?
はい。お墓じまいを行う場合には、今ある墓地・霊園の管理者には必ず事前に事情をお伝えする必要があります。
お墓じまいの際には改葬許可証等、必要書類や手続きがございます。
ご不明な点がございましたら、コトナラにご相談ください。
Q22.墓じまいはどの時期に依頼すべきですか?
特に適した時期はございませんので、ご家族の方、ご親族の方と話し合って時期を決めることをおすすめします。
ただしお盆やお彼岸の時期はお墓参りの方々で墓地・霊園がにぎわうため、避ける方もいるようです。
Q23.お墓じまいをして墓地を返還したらお金は戻ってきますか?
墓地は無償返還が一般的です。
稀にそうではないケースもあるため、契約内容を確認してみましょう。
Q24.墓じまいに法要は必要ですか?
多くの場合、閉眼供養を行います。魂抜き、お性根抜きなどとも呼ばれます。
お墓じまいに限らず、追加彫刻等、仏様が眠るとされている仏石(竿石)を動かす際には閉眼供養することが多いようです。
特にお墓じまいの場合には仏石からご先祖様の魂を抜き、ただの石に戻す必要があるため、閉眼供養を行うことが大切だと考えられています。
Q25.土葬の場合もお墓じまいはできますか?
土葬だからお墓じまいができないということはありません。
ただし再火葬が必要なケースもあり、別途費用がかかる可能性があります。
Q26.墓石を新しい墓地に移動させたいのですが可能ですか?
可能です。お墓を一度解体し、新しい墓地に建て直すことを改葬といいます。
墓石や墓地の状況次第では既存の部材が使用できない場合があり、新しい部材との交換や、そのまま使用しないなどの対応が必要になってきます。
Q27.お墓の承継者がいないので散骨を考えています…。
お墓の承継者がいない場合、合祀墓などの永代供養を依頼するか、散骨などの自然葬を依頼するケースが一般的です。
合祀墓や散骨などは遺骨を元の状態に戻せない場合が多いため、お墓じまい後のご遺骨の安置先については親族間でしっかりと話し合いましょう。
戒名彫りのQ&A
Q28.すでに赤文字で彫ってあります
お墓の建立者や墓誌部分に赤色が入れられている場合、その方が存命であることをあらわしています。
その方が亡くなられたとき、文字彫刻に入れられている赤色を抜くのが一般的です。
Q29.追加彫りの際、法要は必要ですか?
一般的に墓誌に追加彫りをする際は、現地彫り・持ち帰りともに閉眼供養や開眼供養は必要ありません。
ただし菩提寺によっては作法が異なる場合もあるため、お寺に確認しておくと安心です。
Q30.戒名の追加彫りはいつまでに済ませたほうが良いですか?
目安として四十九日までに彫刻される方が多いようです。
ただし無理に合せる必要はなく、ご自身やご家族の方の気持ち次第で日取りを決めると良いでしょう。
Q31.追加彫刻ではなく、色の入れ直しを依頼したい
九州一円、お墓のことなら全てコトナラにお任せください。
色の入れ直しも責任をもって施工いたします。まずはご相談ください。
Q32.行年と享年はどっちがいいですか?
どちらが正解でどちらが誤りということはありません。
墓誌に追加彫りをする場合は、前例に合わせるのが一般的です。
お墓参り代行のQ&A
Q33.お線香やお花は無料ですか?
コトナラのお墓参り代行ではお供え用のお線香や仏花は基本料金に含まれております。
ご希望のお供え物がございましたらご相談ください。
Q34.希望日を指定できますか?
依頼者様との打ち合わせにて、お墓参りの日程を決定させていただきます。
Q35.家族や親戚じゃない人にお墓参り代行を頼んで大丈夫ですか?
もちろん、ご家族の方やご親族の方にお墓参りやお墓のお掃除をしていただくことが一番です。
しかし、さまざまな事情によりお墓参りが難しい方がいらっしゃいます。
それでも、お墓を少しでも綺麗にしておきたい、ご先祖様を供養したいという気持ちが何より大切です。
そのような方々の代わりに、コトナラは『お墓参り代行サービス』を行っております。
心を込めてお墓参り致します。安心してお任せください。
Q36.交通費は無料ですか?
基本的には交通費は掛かりませんが、エリアによっては掛かる場合がございます。
ご相談、お見積りは無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。
Q37.何か用意するものはありますか?
特に用意していただく必要はありません。
掃除用具等はすべてこちらで用意いたします。
ご希望のお供えものやお花などがありましたらお申し付けください。。
郵送などでお渡しいただくか、別途費用にて弊社にて用意するか相談させていただきます。
Q38.立ち会いは必要ですか?
お墓参り代行後、お客様には報告書をメールでお渡ししております。
作業前と作業後の写真をご確認頂きますので、お立ち会いの必要はありません。
Q39.追加料金を請求される可能性はありますか?
お客様のご了承なしに追加料金を請求することはありません。
お見積り後、別途追加オプションを希望される際は改めて金額をご確認いただきます。
ご納得いただかない限り、実施いたしませんでご安心ください。
Q40.掃除内容の相談があるのですが……。
まずはご相談ください。
詳細をヒアリングした後、お見積りをご提出させていただきます。
コトナラのQ&A
Q41.九州ならどこでも大丈夫ですか?
コトナラでは、お墓のことなら九州一円お受けしております。どんなことでも遠慮なくご相談ください。
Q42.全国規模のサイトとの違いは?
全国ではなく、地元である九州にエリアを絞ることで地域に根づいたこと細かな情報を常に仕入れることができます。
その情報を元に依頼者様に最も適したサービスのご提案をしております。
Q43.御見積りは無料ですか?
はい。どのサービスも無料でお見積りいたします。
まずはお気軽にご相談ください。
Q44.現場確認をしてもらう場合、交通費は無料ですか?
はい。お見積り段階で費用が発生することはありません。
Q45.追加料金を請求される可能性はありますか?
お客様の了承なしに追加料金を請求することはありません。
お見積り提出後でも、別途追加オプション等をご希望の場合は改めて金額を提示いたします。
ご納得いただかない限り実施いたしませんのでご安心ください。

0120-594-940

通話無料 平日 9:00~18:00
無料 資料請求
365日24時間受付中
LINEで相談

簡単!
LINEでお問い合わせ

友達追加するだけで、
LINEから簡単に
ご相談いただけます。

LINEで友達登録

閲覧履歴
履歴