墓石とお墓、それぞれ同じものと認識している方が多いと思います。

一般的には「墓石」より「お墓」を使うことが多いと思いますが、「お墓」と聞くと、石材を用いてつくられた墓石をイメージさのではないでしょか。

間違いではありませんが、墓で辞書を引いてみると

「遺骸や遺骨を葬り、その人の霊を祀る所。また、そこにしるしとして立てた石・木など。塚。墳墓。」

「遺体・遺骨を埋葬した場所。また、そこに記念のために建てられた建造物。塚。」

「死者を葬る所。」などと書かれています。

墓石=お墓は間違いではないものの、墓石だけがお墓ではないことがわかります。

お墓に含まれるものとして、お寺などで管理されている納骨堂や、近年ニーズが高まっている樹木葬なども含まれるのです。

0120-594-940

通話無料 平日 9:00~18:00
無料 資料請求
365日24時間受付中