洋型墓石の特徴|洋風のお墓ってどうなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
お墓と聞いてどのような形を思い浮かべますか?
多くの方は和型と呼ばれる縦長の形をしたお墓をイメージするのではないでしょうか。
 
お墓の形は大きく分けると和型墓石、洋型墓石、デザイン型墓石に分類されます。
墓地や霊園によっては形や高さなど制限が設けられている場合もありますが、多くは自由に好きなお墓を建てることができるでしょう。
 
それぞれ特徴があり、お墓を建てる際にはどの形がもっとも自分たちに合っているのか検討することになります。
そこで今回は、お墓の種類の中から洋型墓石についてご紹介します。
 

洋型墓石イメージ

 

 

洋型墓石って?

洋型墓石とは、一番上にある石碑の形が横広い形をしている点が特徴の墓石です。
重心が低く、安定感があります。
モダンな雰囲気を持つことから近年選ぶ方が多くなってきました。
 
また、芝生墓地や公園墓地などの増加も選ばれる理由のひとつです。
 
現在では新しくお墓を建立する場合、従来の和型墓石より洋型墓石を建てる方の割合が大きいという統計結果もでています。
ただしこれには地域性があり、東日本では洋型、西日本では和型が大きい割合を占めているようです。
 
 

  • お墓をたてるバナー
  • 墓地・霊園を探すバナー

 
 

洋型墓石の特徴

従来の和型墓石や新しい形であるデザイン型墓石と何が違うのでしょうか。
洋型墓石の特徴についてご紹介します。
 

石碑の形状

まず、石碑の形状があげられます。
 
前述のとおり、洋型墓石は一番上の石碑が横に広く作られています。
そのため、和型墓石ほど高さがありません。
 
この石碑の形状が和型墓石と洋型墓石の一番の違いです。
 
お墓全体の高さを抑えやすいため圧迫感がなく、開放感があるとの理由から好まれる方も多いようです。
 

地震に強い

地震の多い日本では、重心が低くなる洋型墓石のほうが地震に強いというイメージが定着し、東日本大震災以降、洋型墓石を選ぶ方が一気に増えました。
 
以前に比べ現在では耐震施工が行われている墓石も多いようですが、より重心が低い方をという理由からも洋型墓石が選ばれているようです。
 

掃除がしやすい

洋型墓石は背が低いことから、手が届きやすく掃除がしやすいと感じる方も多いのではないでしょうか。
 
ただしお墓の掃除は無理のない程度にとどめ、本格的なクリーニングはお墓のプロである石材店に依頼することをおすすめします。
 

彫刻の自由度が高い

和型墓石では、「○○家先祖代々之墓」と刻んだり宗派ごとの題目を彫ったりしますが、洋型墓石の多くは従来の決まりに縛られず、自由に選ばれた文字が彫刻されています。
理由としては彫刻スペースの兼ね合いや、縦書きではなく横書きになることが多いことが挙げられます。
 
もちろん家名を彫ることもできます。家名を彫りたい場合には「○○家」と彫るケースが多いようです。
 
このように、自由に好きな文字を彫ることができるのは洋型墓石の大きな特徴といます。
 
彫刻されることが多い文字としては、故人が生前好きだった単語や「心」「絆」などといった漢字一文字、感謝の気持ちを伝える言葉などが挙げられます。
花や故人が好きだったものを模った彫刻をいれるなど、自由度の高いお墓を建てることができます。
 

仏教において、「愛」は否定的に捉えられることが多い言葉です。
現在では宗教観が薄れ、良い意味で使われることも多くなりましたが、親族の中に気にする方がいるかもしれません。
「愛」の彫刻を考えている場合は事前に確認することをおすすめします。

 

洋型墓石の注意点

洋型墓石を建てる際の注意点として、寺院墓地の一部では洋型墓石が断られる可能性があります。
 
伝統あるお寺では、和型墓石のみ受け入れているところがあるため、どのお寺や霊園でも洋型墓石が建てられるわけではないことを覚えておきましょう。
 

洋型墓石に向いている石種

洋型墓石に向いた石種をご紹介します。
 
落ち着いた白や黒、グレーはもちろんのこと、ピンクや赤などの華やかな色でも合うのが洋型墓石の特徴です。
そのため、ベーシックなカラーから個性的なカラーまで幅広い選択肢の中から石を選ぶことができます。
 
二種類の石を組み合わせたツートーンカラーのお墓にも合うため、他とは違った個性的なお墓を建てたい方におすすめです。
 
石種に悩んだ際は石材店へ相談することで、見た目はもちろんのこと、石の性質や特徴の面からもアドバイスをもらうことができるでしょう。
 

まとめ

洋型墓石についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
 
伝統ある和型墓石に比べもモダンでスタイリッシュな形状をしていることから、現代の日本人に好まれる傾向があります。
地震に強いことも、選ばれる理由のひとつです。
 
彫刻の自由度が高く、故人を表現できるのも大きなポイントといえます。
 
中には建立が許可されていない墓地や霊園もあるため、洋型墓石を建てたい場合には前もって管理者に確認しておくことが大切です。
 
コトナラでは九州一円、洋型墓石の建立のご相談を受け付けております。
わからないことがあれば、気軽にお問い合わせください。
 
 

  • お墓をたてるバナー
  • 墓地・霊園を探すバナー

 

  • \ お墓じまいのご相談はこちらから /
  • お墓をたてるバナー

 

  • \ 戒名彫りのご相談はこちらから /
  • 墓地・霊園を探すバナー

 
 

お墓に関するお見積りやご相談は九州最大級のお墓・墓地探し「コトナラ」までお気軽にお問合せください

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加