記事 articles

お参り・お詣り・参拝・参詣それぞれの言葉の意味を解説します

お寺や神社へ行き、拝むことを「おまいり」といいます。
同じ「おまいり」でも、漢字で表すとお参りとお詣りの2通りの言葉があります。
 
厳密にいえばそれぞれ違った意味をもち、使い分けられている言葉です。
ほかには「参拝」と「参詣」も似たような使われ方をする言葉ですが、厳密にはそれぞれ意味が異なります。
 
今回は「お参り」と「お詣り」・「参拝」と「参詣」それぞれの使い分けについて解説します。
 

 

 

お参りとお詣りの違い

お参りとお詣りの違いを簡単に説明すると、お寺で仏様にお祈りをするか神社で神様にお祈りをするかです。
場所や祈る対象によって用いる漢字が異なります。
 
使い分けをする際にはお参りが仏様、お詣りが神様ということを覚えておきましょう。
 
 

安心のコトナラ提携石材店にお墓の相談をしてみる≫
※お墓の無料お見積り

 

お墓に関するお見積りやご相談は九州最大級のお墓・墓地探し「コトナラ」までお気軽にお問合せください

 
 

お参りとお詣りの言葉の意味

お参りとお詣りの言葉の意味について解説します。
 

お参り

お参りとは仏様に念ずることを指し、主にお寺やお墓、仏壇に対して使う用語です。
「参る」は「行く」の謙譲語で、「参」という漢字には目上の方への敬意が込められています。
 
お墓やお仏壇でお参りする際は、敬意対象にご先祖様も含まれることから、近況報告や挨拶などとともに念じます。
数珠を持ち合掌し、音を立てずに念ずるのがお寺やお墓におけるお参りの特徴です。
 

お詣り

お詣りとは神様に願いを捧げることを指しています。
主に神社や神棚に対して使う用語です。
詣という漢字には「いたる」という意味があり、高い域にいる神様に祈りを捧げることを表しています。
 
対象が神様であることから、願いや目標などの報告とともに祈ります。
 
賽銭箱にお賽銭を投げ入れ、本坪鈴を鳴らし、手をたたく柏手で神様に呼び掛け祈ります。
音で自身の存在を知らせるのが神社におけるお詣りの特徴です。
 

参拝と参詣の言葉の意味

参拝と参詣の言葉の意味について解説します。
 

参拝

参拝とは神社仏閣で拝む行為を指します。
 
神社やお寺にお詣り(お参り)に訪れた人々を参拝客と表現します。
 

参詣

参詣とは神社仏閣に行く行為を指します。
拝まずとも、鳥居や山門をくぐると参詣ということになります。
 
 
どちらも神社仏閣に行く点は同じで、拝むかどうかが使い分けの基準となります。
参拝は神仏に拝む行為で、参詣は神社仏閣に行くという地理的移動をあらわす用語です。
 
ただし、お参りとお詣りのように明確に使い分けがされているわけではありません。
拝むためには神社やお寺に行く必要があり、参拝と参詣は同意語として扱われることもあるようです。
 
因みに、複数の神社仏閣へ参拝することを巡拝・巡礼といいます。
 

まとめ

お参りとお詣りの使い分けについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
 
お参りは仏様やご先祖様が対象で、お寺やお墓・仏壇で念ずること。
お詣りは神様が対象で、神社や神棚に願いを捧げることと覚えましょう。
 
ただし、必ずしも使い分けられているかというと、そうではありません。
近年では詣という言葉が使われなくなってきたこともあり、お参りと表現している神社も増えています。
 
また、参拝と参詣も厳密には意味が異なるものの、混同して使われやすい言葉です。
多くの方は「お参り・お詣り」や「参拝・参詣」を、何気なく使っています。
 
時には言葉のもつ意味を深く考え、きちんとした使い分けを意識することで、より気持ちが伝わるのではないでしょうか。
 
 

安心のコトナラ提携石材店にお墓の相談をしてみる≫
※お墓の無料お見積り

 

お墓に関するお見積りやご相談は九州最大級のお墓・墓地探し「コトナラ」までお気軽にお問合せください

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加